東京タワーのはなし

去年、東京タワーに遊びに行ったので、その時の話しを公開します。ここは、いわずと知れた東京の観光地、はとバスの観光ポイントです。東京の人は、意外といかない人も多いかもしれません。イメージとしては、東京の副都心新宿、新都心幕張(それから最近は、お台場あたりも含むかな)といったいわゆる都会の洗練されたイメージとは、ちょっと違い、古くからあるチョットレトロな観光スポットといった雰囲気を漂わせています。これが、なかなか惹かれるものがあります。皆さんも行ってみると意外におもしろいと感じられるでしょう。ほぼ、一日、のんびり遊べて、お土産も買えます。あはは...。

まず近づいてみる。

もよりの交通としては、JR浜松町から東京タワー行きの都バスがでていますので、これを利用するのがよいと思います。

はいってみる。

入り口で入場券を買います。蝋人形館やだまし絵の美術館の入場券もセットになったものが、お得です。

のぼってみる。

まずは、エレベータで展望台までいってしまいましょう。入場券では、タワーなかほどの一般展望台までいけます。一般展望台は、2階構成になっています。下の階では、床がガラス張りになっているところがあります。ここをまたいでみましょう。下界が、そのまま足元に広がっていますので股間がスースーします。さらに、足をそろえて、ガラスの上に立ってみましょう。体がゾクゾクしてきます。そして、勇気を出して、ちょっと、はねてみましょう。体にかなり力がはいります。これだけやると、そのあとは、グッタリします。そう、これだけでかなりたのしめますよ。

さて、グッタリしたら、レトロな休憩室というか喫茶コーナーがありますので、ジュースでものみましょう。ちょっと、名前をわすれたのですが、周りを見わたすと串にささったあげパンの様なものを食べている人に気が付きます。これは、名物でおいしいそうです(このページ作っている最中に電話があって、この食べ物の事をはなしたら、高速のサービスエリアでも売っているところがあるそうです。名物でないのかな?)。小腹がすいていたら、トライしてみましょう。

あとは、土産屋コーナーを覗いてみましょう。東京タワーのプラモデルがあります。これは、油断していると思わず買ってしまいそうになります。組み立てた後に、部屋に飾る勇気のある人は、そのまま、買ってしまってもいいかも。たしか、電飾のデコレーションバージョンがあったような気がします。

さて、展望台も一通り見てしまったら、選択枝が2つあります。更に高い特別展望台にチャレンジするか(これは、下で買った入場券では、いけないので、有料となります。)、おとなしく、下に降りてしまうかです。

天気が良くて空気が澄んでいるときは、特別展望台も一見の価値があります。あまり、天気がよくなければ、下におりて次に進みましょう。まだまだ、見どころは、一杯あります。そうそう、展望台のトイレもついでにいってみるとよいかもしれません。ちょっと、下界のトイレと違う雰囲気があります。今、思い出しましたが、展望台には、唐突に、水槽がおいてあります。ちょっと、苔むしたガラスをのぞくとあまり動かないなまずを見ることができます。展望台になまずの水槽...。うーん、このとりあわせがたまりませんね。

したにおりる。

おりてきても、まだまだ、おもしろいところが一杯あります。今日は、ここまでにします。また、すぐ、更新するので、続きは、近日中に...。

ホームページに戻る