お酒の話

ここでは、酒にまつわる体験談を公開します。まあ、酒の肴に読んで見てください。いまは、宴会ぐらいでしか飲まないのですが、昔は、結構、飲み歩いていましたのでその時の体験談を書きます。

カラオケ

これも20代の頃の話です。その頃は、週末、新宿の歌舞伎町で友人とよく酒をのんでいました。友人は、カラオケ大好き人間なので、つられて私もたまに歌っていました。印象に残ったのは、カラオケの曲をエレキギターで伴奏してくれるお店で歌ったときのことです。私は、当時としても古い曲の失恋レストランという曲を歌ったのですが、この曲は、実にエレキギターの伴奏がマッチする曲なんですね。この曲がはやった当時、清水健太郎もギターを弾きながらうたっていました。それでその演奏をしてくれたお兄さんが、結構、気合をいれてひいてくれたのが印象に残っています。まあ、なんてことはない話ですが、やっぱり、生演奏がはいっているとカラオケだけよりずっと心地よく歌えるようです。

一人酒

20代の頃の話です。友人と飲みに行くとか会社の宴会で飲む機会というのは、結構、ありましたが、なかなか一人で酒を飲むという機会は、ありませんでした。よくドラマとかで一人、考え事をしながら、カウンターバーで酒を飲むとか、マスターと語らいながら酒を飲むというスチュエーションがありますね。それにあこがれていて、一度、やってみたいと思い、トライした体験談です。

まず、なじみの店でない場合。

薄暗いバーで考え事をしながらグラスをかたむける。というのは確かにできるのですが、酔いが回るのが滅法、早くなります。なんせ、やることが飲むかつまみを食べるか煙草を吸うかくらいのパターンしかないので1時間くらいで酔っ払いのできあがりとなります。次の日、二日酔いになりました。あはは...。本当に考え込むようなネタがあれば、ドラマの様になるのでしょうが、かっこだけで入るとこうなります。

なじみの店の場合。

私の行ったところは、カラオケバーでした。これでもう半分、失敗している様なものです。確かにカウンターバーでウイスキーをオンザロックで飲みながら、マスターと時折、話をして、というスチュエーションだったのですが、カラオケのにぎやかさと一人酒というのは、どうも合わないみたいですね。こうゆうにぎやかなところで一人酒をすると余計、気分が落ち込む様な感じがします。そうそう、マスターとの話も野球の話とか、ただの世間話になってしまいます。あはは...。

なかなか、トレンディードラマの様には、決まりませんね。

やっぱり、お酒は、気のあった友人と楽しく、仕事のぐちでもこぼしながら、飲むというのが一番です。

とりあえず、今日のところは、ここまでにします。酒ネタは、結構あるので、また、近々、更新します。

ホームページへ戻る