絵画展の感想

1999年

10月24日(日)に東京都美術館に行ってきました。西遊記のシルクロード(三蔵法師の道)と題した展示会を見てきました。印象派などの絵画展とは一味違い、アジア文化のルーツを垣間見れたような気がします。シルクロードの近辺に位置する街は、個々に独自の文化的な色合いを持っていて、御伽噺の様な世界が実際にあり、現実にそこで生活を営んでいる人々がいるのだと思うと不思議な感じがします。仏像の展示などありましたが、広大なアジア地域の場所によってその顔立ちが見なれた日本風の仏像から、インド人風の目鼻立ちのすっきりした仏像などいろいろあることが目の当たり見ることができ、とてもおもしろかったですよ。

西遊記のシルクロード(三蔵法師の道)特別展の看板

 

1997年

5月17日(土)に東京都美術館に行ってきました。ルーブル美術館展を見てきました。いわゆる印象派の絵ではなかったので、私は、なじみのない画家の絵が多い感じがしました。宗教画が割合おおく展示されていました。この手の絵は、神話とか聖書の内容を良く知っていないと意味がわからないので難しいですね。ただ、絵の描きかたは、とても緻密に描かれていて写真に近い印象を持ちました。年代的には、印象派以前の年代のものが多く、たしかサロン派といったとおもいますが、その流れを汲んだ絵の描きかたをしているようです。

東京都美術館のルーブル美術館展看板

1997年

5月1日(金)に世田谷美術館に行ってきました。ムンク展を見てきました。ムンクというと美術の教科書で『叫び』をみていらい、本物を一度はみてみたいと思っていました。何度か、国内での展示会はあった様ですが、場所が遠かったり、時間が取れなかったりで今回、やっと見ることができました。今回、『叫び』は2点展示してありました。リトグラフとパステルの絵がありました。ただ、教科書でみた『叫び』とは、ちょっと違うバージョンのようでした。NHKの新・日曜美術館で見たのですが、ムンクは、4点の『叫び』を描いているそうです。ゴッホもひまわりの絵を数多く描いていましたから、やはり、ムンクにとって『叫び』は、何度も描きたいテーマだったのかもしれません。さて、今回展示してあった『叫び』ですが、リトグラフの方は、陰影がはっきりしている分、不安な表情が際立っていました。パステルの絵の方は、不安を現す雰囲気がありつつも人物に愛敬があるような感じがします。その他の絵をみて感じたことは、やはり、絵を描くのがうまいと言うことです。風景画や人物画も描いているのですが、非常に筆力の豊かさを感じます。ついでですが、販売コーナーで『叫び』人形や『叫び』の人物を模したしおりを売っていたのには笑いました。時計やメモ帳もありましたから話のネタに買ってみるのも一興かもしれません。

ムンク展の看板と世田谷美術館

1997年

3月22日(土)に東京の国立近代美術館に行ってきました。ここは、東西線竹橋下車、上に上がって毎日新聞社ビルから徒歩5分です。皇居東御苑公園の向かいに位置しています。桜が見事な千鳥ヶ淵も近いです。でも、花見がメインの人は、九段下からいった方が近いですね。

さて、今回は行き当たりばったりで萬鉄五郎展を見ました。この画家は、後期印象派の影響をうけているそうです。確かに印象派の画家達の絵とタッチが似ているものが多く見受けられました。いろいろな描き方を試行しているような印象を持ちました。ゴーギャンやピカソっぽいもの、点描画で描いたもの等、印象派の絵になじんだ方には、結構、楽しめると思います。又、画家の生い立ちに即して年代別に展示してあるのでこの画家の人生観を垣間見ることができます。最初、明るい色彩の絵が多かったのですが、やがて、暗い色調の絵ばかりになります。そして、晩年の作品は、また、明るさが戻っています。こうした一人の画家に焦点を絞った展示会はその人の育った時代や考え方が絵を通して見えてくるので好きです。


1997年

2月15日(土)に東京の大丸美術館に行ってきました。ここは、東京駅八重洲口の大丸デパートの12階にある美術館です。常設展示はなく、企画展が開かれます。今回は、ロートレック展をみたくて行ってきました。ロートレックは、パリのムーランルージュの踊り子や芸人のポスターを多く描いたフランスの画家です。ドガの画風に似た踊り子のポスター(版画)がありました。あとでカタログを見たらやっぱりドガと交友がありました。又、日本風のポスター(版画)もあり、当時、はやったジャポニズムの影響をうけていることが、うかがえました。



1997年

1月11日(土)に東京のブリジストン美術館に行ってきました。ここは、東京駅八重洲口から徒歩10分位のところにある美術館です。印象派等の絵画があり、また、意外とすいているのでゆっくり絵を鑑賞することができます。一時間くらいでひと通りみることができ、館内も落ち着いた感じなので是非、お勧めです。入館料も500円と内容の充実度の割に安いのも魅力です。

モネ、マネ、ドガ、ルノアール、マチス、シスレー、セザンヌ、ピカソの絵画

古代ギリシャの彫刻

佐伯祐三、黒田清輝、浅井忠の日本画

等を見ることができます。

モネの睡蓮は、西洋美術館のものよりもこちらの方が水面への木々の映り込みが美しく感じられます。また、以前は、ロートレックのポスターも展示していたのですが今回は、少し模様替えした様で見当たりませんでした。そうそう、帰りに東京駅の大丸デパートによったのですが、今度、大丸美術館でロートレック展を開催する様です。ロートレックは、好きな画家の1人なので見に行こうと思っています。



1996年

11月30日(土)に世田谷美術館に行ってきました。ここは、砧緑地公園内にある美術館です。交通は、新玉川線用賀駅から東急コーチバス二子玉川駅行きで美術館前下車もしくは、小田急線成城学園前駅から渋谷駅行きで砧町下車10分です。

2月1日まで開館10周年記念特別展の『芸術と素朴』展を開催していました。印象派等のなじみのある画家の作品は、あまりありませんでしたが、味のある作品が多く見うけられました。ちょっと、名前をしらない画家の作品が多かったので、誰の作品がよかったとか覚えていないのです。ごめんなさい。強いて言えば、こんな感じの絵がありました。少年ジャンプの『ジョジョの奇妙な冒険』という連載漫画がありますが、あのタッチに似た絵がありました。この漫画は、ちょっと味のあるタッチで描かれているのですが、そんな感じの絵でした。うーん、知っている人しかわからない解説ですね。これでは...。美術館は、人もまばらで絵をみるには、良い環境でした。それから、美術館の中から半円形のガラス張りで公園の景色がみられるのですが、これが、結構、自然の絵を鑑賞している様できれいでした。そういえば、公園の紅葉の紅葉がとても鮮やかでした。1本しかなかったけれど..。そうそう、美術館の斜め前にある公園の売店でやきそばとフランクフルトと焼きおにぎりをたべましたが、結構、おいしかったですよ(食べ過ぎかな。ははは...)。と、こんな話しになってしまいましたが、次回は、12月14日から世田谷美術展が開催されます。又、その他のギャラリーも常時、なにかやっていますので、公園に散歩がてら、たちよってみては、いかがでしょうか。

おもしろ美術館トップページに戻る