美術館の話

私は、絵をみるのが好きなので、『趣味は?』、と聞かれたときに『美術館へ行くこと』と答えています。そうすると、『高尚な趣味ですね』と言われる方が多いような気がします。私も美術館へ行く前は、そう感じるところもありましたが、やはり、楽しくて好きだから、見に行くというのが、本当のところです。テレビに出てくる美術評論家、もしくは美術館の学芸員の方のように熟知して鑑賞しているわけでもありません。
そこで、ここでは、普通の人である私から見た美術館めぐりのおもしろさを思いつくままに紹介します。

美術館めぐりのおもしろさ

きれいな建物の中で思索に耽りながら、時間をすごせる。

美術館というのは、結構、快適な空間です。空調が、整備されていて、静かで座る場所もあります。絵は二の次にして、考え事をするのにもよい場所です。 きれいな女性を見ることもできる。 ちょっと、本筋からはずれますが、美術館では、清楚で知的な感じの女性を多く、見ることができます。やはり、美術館へ来るというので、TPOにあわせているのでしょうか。これは、あくまでも私の主観的なものなのかもしれません。でも、絵を見るときは、そうゆう女性の方も含めて絵の一部として楽しむということもできます。

カップルもいる。

やはり、デートの場所として、スタンダードなのでしょうね。週末の美術館は、手をつないだカップルが多く見受けられます。この場合、女性の方が絵を見るのに熱心で、男性は、絵を茶化しながら見る(テレからかな)場合が多いようです。ただ、くっついているだけのカップルもいます(なにしにきてるんだか。はは..)。また、前述のカップルは、裸関係の絵の前では、盛り上がるという特徴があるようです。以上は、10代から20代前半のカップルです。
一方、大人のカップルといった印象を受ける人たちもいます。男性は、背広をおしゃれに着こなし、女性もドレスアップしています。おちついた感じで静かに語り合いながら絵をみています。

絵を勉強している人もいる。

高校生。芸大生。画家風の3タイプの人たちが見受けられます。
高校生くらいとおもわれる人は、メモ帳とシャープペンを持ち、絵の題名、画家名、感想、特徴等を熱心に記入しているようです。
芸大生風の人は、表現が難しいのですが、こんな感じです。
@腕組みをして少し遠くから絵をみます。
A次に絵に近づきその技法(タッチ)を覗き込むように熱心に絵をみます。
Bそして、少し考え込んでからつぎの絵をみます。
画家風の人の特徴は、画家風のファッションをしており、勤め人にはない、雰囲気を漂わせています。素人の考える画家のイメージに近い人が多いような気がします。

評論家もいる。

おそらく、画商関係の人だとおもいます。絵にいくらの価値があるというような見方をしていました。同業者とおもわれる人ときている。もしくは、若い女性づれの人というような印象があります。話の内容からそんな感じを受けました。


私が、美術館にでかけてまで絵を見るようになったきっかけは、昔々の彼女とのデートでした。これで、はまってしまった訳です。ははは...。

それは、さておき、絵をみるためには、何の準備もいりません。見に行こうとおもったら出かけるだけです。東京なら出かけて電車の中吊り広告をみていると必ず絵画展の広告がでています。これで、行く場所を決めることができます。言い忘れましたが、入館料(1000円から1500円位)程度のお金は、持っていきましょう。ただ、デパートのギャラリーなど、無料で見られるところもたくさんあります。

私の場合、美術館にいくと一通り見るのに2時間くらいかかります。これは、ゆっくり歩きながら絵の前で一瞬、立ち止まり、ながめるといったペースです。これ以上ゆっくり見ると最後の方では、疲れて絵を見る気力がなくなってしまいます。見方のコツとしては、おもしろいものは長めに、つまらないものは、サッと見るといったメリハリをつけるのが良いと思います。つまらない、おもしろいの判断は、自分の主観的なものなので周囲を気にせずマイペースで見るのがよいでしょう。

おもしろ美術館トップページに戻る